ホワイトニングで歯茎が傷つくのは本当か

正しいやり方でホワイトニング

気を付けてホワイトニングをする

ホワイトニングは自宅で行う方法と、歯医者で行う方法の2種類があります。 歯医者で行うホワイトニングを、オフィスホワイトニングと呼ぶと覚えておきましょう。 安心してオフィスホワイトニングを受けるためには、経験が豊富な医師に任せることが欠かせません。

医師に全ての工程を任せよう

専用の薬剤を使って、ホワイトニングが進められていきます。
その薬剤が歯茎に付着すると刺激を感じ、傷つくと覚えておきましょう。
歯医者で行うオフィスホワイトニングでは、施術前に歯茎を保護するのが一般的です。
しかし保護が足りなかったり、薬剤がはみ出たりすることで歯茎が傷ついてしまいます。
自分でホワイトニングをするのが不安だったり、早く効果を実感したくてオフィスホワイトニングを選択する人が多いです。
しかし知識や技術が不足している医師に依頼すると、このようなトラブルが起こると覚えておきましょう。

自宅で行うホームホワイトニングはマウスピースに薬剤を入れ、それを口内にはめて歯を白くしていく流れです。
薬剤の量が多いとマウスピースから薬剤が漏れて、歯茎が傷つくので使いすぎないでください。
適量を使うことで、ホワイトニングが成功します。
たくさん使うとそれだけ消費スピードも速くなり、何度も薬剤を購入しなければいけないので、余計な出費が増えると忘れないでください。

歯茎が傷つくことで、歯周病などの病気を発症する恐れがあります。
ですからホワイトニングをする時は、しっかり歯茎を守るように意識してください。
ただ歯茎が傷つくことを恐れて、ホワイトニングをしないのはおすすめできません。
歯を白く綺麗にすることは身だしなみに含まれますし、歯が汚いと周囲に悪影響を与えます。
正しい方法でホワイトニングを行えば、問題ないので安心してください。

ホームホワイトニングをする際

わざわざ歯医者にいかなくても、自宅でホワイトニングができます。 自分で満足するまで歯を白くしたい人や、忙しくて歯医者に行く時間がない人に向いていますね。 しかしホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、トラブルが起きやすいので気を付けてください。

身だしなみを整えよう

歯茎が傷つくことを恐れて、ホワイトニングに踏み出せない人が見られます。 しかし歯に着色汚れがついていると、周囲に悪い印象を与えます。 歯は身体に中でも、他人に見られやすい部分だと理解してください。 ですからこまめなホワイトニングは、身だしなみに関係します。